ケノンでのvio脱毛に必要な照射回数は?

ケノンでvio脱毛をする場合、気になることのひとつとして「どれくらい照射すれば綺麗になるの?」という、脱毛が完了するまでに照射する回数があります。

vio脱毛の照射回数は、全身の部位の中でもイチバン個人差がでる箇所で、脱毛サロンや医療クリニックなどで契約する際、契約回数をもっとも迷うトコロでもあるようです。

ケノンの購入を検討されている人でしたら、部位による照射回数をある程度知っておけば、同時購入するカートリッジが何個くらい必要かという目安にもなります。

 「v・i・o」それぞれの部位に必要な照射回数を検証!

現在、ケノンが公式に出しているカートリッジは全部で5種類。そのうちvio脱毛に適していると思われるものは次の3種類です。

・プレミアムカートリッジ|口径;2.0×3.5=7.0㎠.
最大照射可能回数;レベル「1」/100万回.レベル「10」/30万回.
・ラージカートリッジ|口径;2.0×3.5=7.0㎠.
最大照射可能回数;レベル「1」/20万回.レベル「10」/約13,000回.
・ストロングカートリッジ|口径;1.5×3.0=4.5㎠.
最大照射可能回数;レベル「1」/約86,000回.レベル「10」/約11.000回.

残りの2つ、スキンケアカートリッジは、その名の通り美肌を追求するためのカートリッジで脱毛用ではありません。また、EX(エクストラ)ラージカートリッジは、業界最大級といわれる、口径9.25㎠の照射面積を誇るカートリッジですので、vioなどの凹凸の激しい入り組んだ場所の脱毛には不向きです。

この3種類でvio脱毛をした場合、どれくらいの照射回数で脱毛が完了するのか、それぞれ検証してみたいと思います。

※「プレミアムCT」でvio脱毛|脱毛完了照射回数は?

2017年の5月に新たに発表された『プレミアムカートリッジ』。その照射回数には驚くべきものがあります。加えて、同時に行われたバージョンアップにより、形状も従来のカートリッジとは異なり、フラッシュ照射ランプのガラス面と、皮膚が直接接触するフレーム部分との距離が離されました。それにより出力がアップしたにも関わらず肌に照射される光は、よりソフトに当たるようになり、皮膚への負担軽減に繋がっています。

プレミアムCTは様々な改良が施され、従来のカートリッジよりも脱毛効果がアップしていることに加えて、業界最大クラスの照射回数ということで、これひとつで全身脱毛が数千回はできるという検証結果もあるようです。

全身脱毛に使えるということで、当然vioにも適しています。
そこで、プレミアムCTでvio脱毛をする場合の照射回数を調べてみました(ショット数や回数を表した数字はあくまでも目安として参考にしてください)。

vライン・・1回に照射する回数(通常)/6ショット〜10ショット;毛量調整をする場合/12ショット〜16ショット.
脱毛処理が完了するまでの処理回数が12回〜18回とすると、1回目の脱毛完了するまでに必要なショット数は、(通常)/72ショット〜120ショット;毛量調整をする場合(初回〜3回目まで)/90ショット〜198ショット.
iライン・・1回に照射する回数6ショット〜12ショット.
脱毛処理が完了するまでの処理回数が15回〜20回とすると、1回目の脱毛完了するまでに必要なショット数は、90ショット〜240ショット.
oライン・・1回に照射する回数6回〜8回.
脱毛処理が完了するまでの処理回数が12回〜18回とすると、1回目の脱毛完了するまでに必要なショット数は、72ショット〜144ショット.

『プレミアムCT』でのvio脱毛、1回目脱毛完了までの合計ショット数は・・(毛量調整をする場合)252ショット〜582ショット.

※「ラージCT」でvio脱毛|脱毛完了照射回数は?

ラージカートリッジの照射面積はプレミアムカートリッジと全く同じなので、ショット数的にはプレミアムCTと変わりません。ですが、バージョンアップによる照射パワーが違うということで脱毛完了までの処理回数が増えています。

vライン・・1回に照射する回数(通常)/6ショット〜10ショット;毛量調整をする場合/12ショット〜16ショット.
脱毛処理が完了するまでの処理回数が15回〜20回とすると、1回目の脱毛完了するまでに必要なショット数は、(通常)/90ショット〜200ショット;毛量調整をする場合(初回〜3回目まで)/108ショット〜218ショット.
iライン・・1回に照射する回数6ショット〜12ショット.
脱毛処理が完了するまでの処理回数が18回〜21回とすると、1回目の脱毛完了するまでに必要なショット数は、108ショット〜252ショット.
oライン・・1回に照射する回数6回〜8回.
脱毛処理が完了するまでの処理回数が15回〜20回とすると、1回目の脱毛完了するまでに必要なショット数は、90ショット〜160ショット.

『ラージCT』でのvio脱毛、1回目脱毛完了までの合計ショット数は・・(毛量調整をする場合)306ショット〜848ショット.

※「ストロングCT」でvio脱毛|脱毛完了照射回数は?

最後にvio脱毛には最適とされるカートリッジの登場です。ストロングCTの使用では、照射面積が小さいためショット数自体は増加しますが、脱毛効果の高さから処理回数が減るということで計算してみました。

ストロングCTでの照射は痛みの度合いによって照射レベルが変わってきたりしますのでかなり個人差が出ます。なので本当に目安としての数字となりますのでご了承ください。

vライン・・1回に照射する回数(通常)/8ショット〜12ショット;毛量調整をする場合/15ショット〜18ショット.
脱毛処理が完了するまでの処理回数が8回〜10回とすると、1回目の脱毛完了するまでに必要なショット数は、(通常)/64ショット〜120ショット;毛量調整をする場合(初回〜3回目まで)/85ショット〜138ショット.
iライン・・1回に照射する回数8ショット〜12ショット.
脱毛処理が完了するまでの処理回数が12回〜16回とすると、1回目の脱毛完了するまでに必要なショット数は、96ショット〜192ショット.
oライン・・1回に照射する回数8ショット〜10ショット.
脱毛処理が完了するまでの処理回数が12回〜16回とすると、1回目の脱毛完了するまでに必要なショット数は、96ショット〜160ショット.

『ストロングCT』でのvio脱毛、1回目脱毛完了までの合計ショット数は・・(毛量調整をする場合)277ショット〜490ショット.
 
 
上記の数字はvio全部の脱毛処理をそのカートリッジひとつでおこなった場合のショット数&処理回数ということで計算していますが、実際はひとつのカートリッジでvio全ての処理をすることはないかもしれません。

ストロングCTを使ったりプレミアムCTを使ったり・・ プレミアムCTが付いていない前のバージョンのケノンであればラージCTを使うことになるでしょう。
そして1回のショット数も、ちょっと多めに見積もっていますので、実際はこの数字よりももっと少ないショット数・回数で処理を完了できることになるかもしれません。

 カートリッジの使い分けで脱毛効果アップ!

以上のような結果をみてみると、脱毛効果の高さからvioなどの剛毛にはストロングカートリッジがオススメということがわかります。やはりショット数の少なさが目立ちます。ですが、vラインの毛量を調節する場合はプレミアムカートリッジの方がややショット数が少ないという結果が・・

というようなことからも、必ずしも全てのパーツをひとつのカートリッジで処理する!というのではなく、ある程度使い分けるをすることでその部位にあった脱毛ができるし、また、それぞれのカートリッジ自体の寿命も伸ばすことができる!ということがわかりました。